FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イロニワDM

3店を巡ると完成する
ALL RIGHT GRAPHICS
さんが作ってくれたイロニワ展のDM

少し追加がありました!

写真


30色のうち、すぐ無くなってしまったピンクなど
体験した人もまだの人も、今なら30色の中から選べますので
好きな色を選びたい方はお早めにー!


(イオニア&エトナ カノウ)

イロニワ展も今週いっぱい

イロニワ展も今週いっぱいになってきました。

IONIO&ETNAではエンボスが体験できますので、
まだの方はぜひ体験しにきてくださいね。

P3194496i.jpg

やってみると楽しいですよ!


いろんな人と「色」について話をしていると今までの自分の感覚とは
違った考え方があって面白いです

P3194491i.jpg


色標本を見てくれた人が
「結局、色は捕らえることができないんですね!」
と言われて、なるほど!と思い
その後そのフレーズ使わせてもらっています(笑
その内容はぜひお店に来て確かめてください。

今日はとても天気のよい祝日ですね。
高円寺に来る際はイロニワ展へ、
お待ちしています。


(イオニア&エトナ カノウ)

イロニワ展:絵本の紹介⑨

久しぶりの抽選販売で・・ なかなかいつもは見れない本もあったりなので・・
しつこく・・ ブログをアップしています・・

今日は、抽選販売の北欧系の絵本を三冊。
(そしてまた、全部特色刷りというわけじゃないのですが)


まずはこの一冊から。

「MUSIKBUSSEN」 スティグ・リンドベリ画 1956年 
(邦題:にぎやかな音楽バス・・・現在、絶版・品切れ)

005.jpg

バスにのって、音楽を奏でながら旅をする家族のお話。表紙の二人が、まだ何もできないんです。

008_20120318030820.jpg

楽しくなるようなイラストが盛りだくさん。
カラフルで愉快な場面が次々と目に飛び込んできて、何度見ても飽きない一冊です!


スティグ・リンドベリはスウェーデン出身の陶芸家・デザイナー、そしてテキスタイルデザイナー。
さすが、というかんじの素敵な柄・デザインのセラミックばかり。
1960年に西武百貨店の包装紙をデザインしたことも、有名なようですね。
額にいれたくなるような、可愛さ!!
美しいものを作りだす才能にたけていたのでしょう。
 
この絵本の中身も、彼の美意識がぎゅっと濃縮されて、
親しみやすい絵柄の中に溢れんばかりに表現されています。



「Tre sma skoldpaddor」 ポール・ストロイエル画 1954年  

020.jpg

楽譜にイラストを付けた一冊。何といっても、この表紙は目を引きますね!秀逸!

023.jpg

インキがべたーっとのって、眩しいほどの仕上がり。
「ペペと大きならっぱ」という絵本もありましたが、どことなく肩の力が抜けているというか、
ちょっぴりヘンテコ?個性的?
でも、抜かりないデザインで、なんだか心惹かれる、不思議な魅力を持つスウェーデンの作家さん。
あ、これは特色刷りですね。ちなみに。 たまらない質感の印刷です!





「Fredrik med bilen」 エゴン・マチーセン画 1946年 

028_20120318030901.jpg

誰かに似ている気がします。このかんじ。

036_20120318030900.jpg

迷うことなく描かれているであろうイラストたち。
のびのび、思うがままに、自由な発想と筆使いで、そして真摯に絵本づくりに
取りくんでいたからこそ、絶妙なひとコマを描ける人なのでしょう。

日本では、「あおい目のこねこ」が有名なエゴン・マチーセン。
デンマークで生まれ、絵本作家として活躍、そして抽象画家としても有名だったそうです。

ちなみにこの本は、鮮やかな赤、黄、青が特色で所々に効果的に使われています。


北欧の方々の独特なセンスの良さって何なんでしょう。
血に流れているような品の良さというか、何というか。
国がすべてでは決してないとは思うのですが、少しはお国柄というか、何かあるような。
日本の絵本を集めたときに、逆に外国の方々はどういう印象をもってくれるんでしょうか・・。


イロニワ展、ラスト一週間になりました!
どうぞよろしくお願い致します!




(えほんや イソガワ)

---------------------------------------------------------
イロニワ展
2012.3/3(土)~3/25(日)
場所:高円寺のながれほしの路
企画:IONIO&ETNA、Gallery Cafe 3、えほんやるすばんばんするかいしゃ
協力:ALL RIGHT GRAPHICS

トークイベント「絵本にまつわる印刷のハナシ」
ゲスト:金羊社 聞き手:えほんやるすばんばんするかいしゃ
日時:3/24(土)14:00~、17:00~
場所:Gallery Cafe 3
(各回 定員10名程 要予約)※予約受付終了いたしました
---------------------------------------------------------

イロニワ展:絵本の紹介⑧

あいにくの雨の日ながら、イロニワ展にお越しくださったみなさま、
3店舗をめぐってくださったみなさま、ありがとうございます!

イロニワ展も、残すところあと一週間程。 3/25(日)までの開催となります。


さて、今回は抽選販売の中から、特色刷りの絵本ではありませんが
ジャン=ミシェル・フォロン(Jean=Michel FOLON)の4冊を紹介したいと思います。


同タイトルのものが2冊ずつ、それぞれ違った形で出版されました。

まずはこちらから。「Le portemanteau」

021.jpg

右のソフトカバーのものが、1967年に1000部限定で発行されたものです。
左の黒いハードカバーの方が、その後1969年に発行されたもの。

049.jpg

071_20120317201938.jpg


あるモノのことを考えていたら、いつのまにか自分が・・・?
ある部屋でひっそりと起こった、ちょっぴり不思議な物語。
いつのまにか、淡々としたフォロンの世界にそーっと、引き込まれている自分に気付きます。


実は、後に発行されたものは内容は同じですが、
描きなおされたものになり、ページのレイアウトが若干異なります。
(写真上が限定版、下が通常版になります。)

線が微妙に違うんです。 最初の限定版の方が、ペンの強弱を感じるタッチです。

紙も、限定版は少しクリームがかったクロッキー用紙のような紙を使っており、
表紙と、タイトルページは活版印刷で刷られていると思います。

小さめのサイズがぴったりの、ずっと大切にしたい素敵な本です。






こちらは、「Le Message」

041.jpg

右の小さな黒いハードカバーのタイプが、1967年に発行された限定版。
左の青いソフトカバーのものが、1974年に発行された通常版。

045.jpg

047.jpg

巨大なタイプライターを使い、ある男性が手紙を書き、届ける物語。
文章はありません。

気持ちを誰かに伝え、届けるという事の素敵さ、一生懸命になれる自分。
その先を思い、少し鼓動が早くなるような、いい返事をひそかに願うような気持ち・・。

静かに流れるこの本の時間の中で、そんなことがふと頭に浮かびました。


この二冊も、内容は同じですが、若干絵のレイアウトが変わっています。
限定版では、見開きで載っていた絵が、通常版では半分切れていたりします。
また、サイズがだいぶ変わるので、物語の印象も少し違って見えるようにも思います。



ジャン=ミシェル・フォロン(Jean=Michel FOLON)

1934年ベルギーのブリュッセル生まれ。
The New Yorker、The Timesなど雑誌の表紙やポスターを手がけていたり、
アニメーションや映画なども手掛けていたそう。

幻想的で特徴のある彼のイラストは、不思議な別世界に連れていってくれます。


-----------------------------------------------------------


こちらは、フォロンではないのですが、ちょっぴり変わった本をオマケに紹介します。


055.jpg

ローラン・トポール「Souvenir」1975年

033.jpg

058_20120317200957.jpg

一瞬、なにが起きているのかよくわかりませんでした。
全ての文字をペンで消してしまった本、なんです。

ブッラクユーモアたっぷりな風刺漫画などを描いていたトポール。
この本をつくった彼も、この本を出した出版社も、両方すごいと思いました。
言葉でいろいろ説明するのが馬鹿らしくなるような、この本。


イロニワ展では、カラフルな特色刷りの本だけでなく、
線の持つ「色」にも注目しています。この機会に様々な本をご覧になってみて下さい。


(えほんや イソガワ)

---------------------------------------------------------
イロニワ展
2012.3/3(土)~3/25(日)
場所:高円寺のながれほしの路
企画:IONIO&ETNA、Gallery Cafe 3、えほんやるすばんばんするかいしゃ
協力:ALL RIGHT GRAPHICS

トークイベント「絵本にまつわる印刷のハナシ」
ゲスト:金羊社 聞き手:えほんやるすばんばんするかいしゃ
日時:3/24(土)14:00~、17:00~
場所:Gallery Cafe 3
(各回 定員10名程 要予約)※予約受付終了いたしました
---------------------------------------------------------

イロニワ展:絵本の紹介⑦

印刷の事をもっと知りたい!ということで、「印刷博物館」に足を運んできました。

あまり時間がなく、ゆっくりとは見れなかったのですが、少し頭の整理がついたような、
さらにまた疑問がいっぱいわいてきたような・・ とにかく、面白かったです!

昔は、いろんな事ひとつひとつが手仕事。
人間の手、目、感覚がとっても重要だったような気がします。

浮世絵の完成までのビデオなんて、ほんとに時間と手間のかかった作業で
びっくりでした。

今も人間の感覚はもちろん大切で、それにプラスコンピューターの力も借りられるなんて、
本当に昔むかしの人びとにとっては、仕事の概念が全く変わる程の違いなのかなと思いました。

どちらも、いいところ、完璧でないところあると思います。
今は昔ながらの活版印刷もかなり身近になり、進んだ技術のものも手に届く。
選べるというのは、一番贅沢かもしれません。



前置きが長くなりました。今日は、まずこちらから。


ヘレン・ストーン「THE HORSE WHO LIVED UPSTAIRS」

011_20120315202901.jpg

013_20120315202901.jpg

渋みのきいた綺麗な色彩のイラストたち。

014.jpg

フォントもいいかんじです。味のある可愛らしい文字。

017_20120315202900.jpg

風が吹いたような、独特な筆さばき! 画面いっぱいに広がる街が圧巻。

018_20120315202900.jpg

ヘレン・ストーンは、「All Around The Town」など、特色刷り、描き分け版を生かした絵本を数冊描いています。

ひょいひょい、と筆を動かしていそうな、この軽やかなかんじが好きです。




お次は、この一冊。

ヌラ作・画「ALL ABOARD WE ARE OFF」1944年

002.jpg

林檎を売っているおばさんと、こどもたちのお話。

003.jpg

おばさん、何かを考えているようですが・・・

006_20120315202947.jpg

いきなり、みんなで飛行機にのって、離れ島へ行こう!という展開。
りんご屋さんはクローズしています。

007.jpg

ここは、本の島。

009_20120315205958.jpg

そして、最後は眠りの島へ。

008.jpg


お話しも面白そうなのですが、彼女の描く子どもたちが、妙に生命感がないというか、
ヘンリー・ダーガーの絵を見たときの(自分の)感情に少し似ているような気がします。
うわー、と思ってしまうかんじです。好きな、うわー、ですが。

想像の世界の子どもたちが描けなくなるから、実際に自分の子どもを
もちたくはない、とヌラは言っていたそうです。 うーん、なるほど。

まだまだこの方のことは知らないので、これからも注目していきたいと思います。
ヌラ。 名前からして、気にせずにはいられません。




(えほんや イソガワ)

最新記事
カテゴリ
MAP
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。